仮想通貨「億り人」研究会 > 仮想通貨の基礎知識

旧正月にむけたBTCの値動き

level001
chinese-new-year-1183115_1280

2019年の旧正月は、2月5日です。投資商品において、旧正月前後は、価格が動きやすいという傾向があります。

1つの要因としては、中華系の投資家たちが、ポジションを手仕舞いするためと言われています。

暗号資産(仮想通貨/暗号通貨)については、中国人と中国人民元による投資については、表立っては規制の影響により、規模などが分かりません。しかし、OTC取引やTether USD(USDT)を活用することで、中国人投資家は、今もなお号資産(仮想通貨/暗号通貨)に投資をしています。

ということで、ビットコイン(BTC)についても、旧正月前後に、中華系の投資家たちの動向によって、価格に影響が出る可能性があります。

2014年からビットコイン(BTC)価格を振り返ってみます。

ちなみに、これまでの旧正月の日付は、

2014年1月31日
2015年2月19日
2016年2月8日
2017年1月28日
2018年2月16日

です。

2014年
旧正月1月31日
→ 2月25日まで下落

2019-01-29-12-50-39

2015年2月19日
→ 旧正月前2月1日、15日に下落

2019-01-29-12-49-57

2016年2月8日
→ 旧正月前2月3日に下落

2019-01-29-12-48-52

2017年1月28日
→ 2月9日に下落(調整)

2019-01-29-12-48-03

2018年2月16日
→ 2月6日まで下落

2019-01-29-12-46-55

旧正月の日付よりも、2月上旬に下落する傾向が強い

ということが分かりました。

2019年1月29日現在で、28日に大きく下落しているので、これから2月上旬に向けて、さらなる下落への警戒が必要と言えます。

真田孔明の原点がここに
生涯収入5億円倶楽部メンバーとして、これを読まねば始まらない!すべての活動の前に
必ず熟読するべき、真田孔明ノウハウのすべてが分かる30日無料メール講座

このカテゴリーの関連記事
仮想通貨「億り人」研究会
bitcoin-3137984_1280

ビットコインと株式市場の関係に変化が?

株式市場で暴落が発生すると、仮想通貨/暗号通貨は影響を受けるのでしょうか? アメリカと中国の関税に関するやりとりで、目先の経済

仮想通貨「億り人」研究会
money-3269654_1280

現物と先物の価格乖離から読み解く

大手デリバティブ取引所のビットメックス(BitMEX)には、無期限先物と有期限先物が存在します。 2019年7月11日のタイミ

仮想通貨「億り人」研究会
domino-665547_1280

ストップリミット・バイナンス(Binance)

2019年2月24日23時ころ、暗号資産(仮想通貨/暗号通貨)の価格が軒並み大きく下落しました。 ビットコイン(BTC)で約1

仮想通貨「億り人」研究会
180399

カナダ造幣局が関わったデジタル貨幣ミントチップ(MintChip)

金融取引での手数料とリスクを削減するために、仮想通貨を用いて、顧客と販売店の間での「価値交換」行うシステムとして、カナダ造幣局



コメントする