仮想通貨のトレンドを徹底的に検証 > 仮想通貨リップルコイン(Ripple)

リップル(Ripple/XRP)のトレンドと今後の動向に関する考察

level010
Logo_Final

リップル(Ripple/XRP)とビットコイン(Bitcoin)が同じだと思っているメンバーがいるかもしれない。

今、友人に説明すると、ここに引っかかる人が多い。

「結局、ビットコインでいいのではないか?」

たしかに、仮想通貨に取り組むにあたり、取引量の多さ、使い勝手などからすると、最初に手にするのは、ビットコインが間違いない。

では、なぜ、リップルに注目しているかというと・・・

リップルは、今世の中に生まれている1,000種類以上の仮想通貨とは別物になる。

XRPとはリップルが発行している暗号通貨になるが、ここでリップルとビットコインがごっちゃになっている。

リップルというのは「決済サービス」になる。

お金をこっちに行ったり、ここからここへ為替を変えたり、取引を円滑に行うための、世界で一番優秀な決済サービス。

そのため、銀行が次々と採用を表明している。

リップルのXRPというのは、例えば日本円から米ドル、米ドルからユーロに両替する時に、リップルを通過するために、一瞬だけXRPになる、そのため「ブリッジ通貨」という位置づけとなっている。

リップルネットワークの「ブリッジ通貨」として作られたXRPは、利用するたびに、消滅する仕組みとなっているので、基本的には価格の変動がないとされている。けれども、実際には価格が変動しており、Rippleウォレット内に「現物」として保有する事が可能。

2013年始めから海外の仮想通貨取引所内で取り引きの対象として扱われ、2013年12月までに日本円換算で約7円まで価格が上昇していた。

2014年始めにリップルを辞めた創業者の一人が、自身が大量保有していたXRPを売却するとして、一気に価格が0.3円前後まで暴落し、2014年中頃まで価格が低迷。

XRPは1,000億を上限として発行されていて、25%を発行元のRipple Labs社が保有、75%を市場に供給する計画となっているが、現在は発行元によって70億近く大量保有され、リップルの開発とネットワークの推進に用いられている。

Rippel Labs社CEOのクリスラーセン(Chris Larsen)氏は、

「今後Rippleネットワークが決済手段として普及する中で、暗号通貨XRPは、長期的に同社に素晴らしい価値をもたらしてくれる」

と述べている。

ちなみに、2017年1月になり、クリスラーセン(Chris Larsen)氏は、HSBCの技術諮問委員会に参加することとなった。

リップル(Ripple/XRP)の価格推移

0.6802:0.6828 XRP:JPY 2016-07-20 22-36-51

2014年11月上旬に暗号通貨XRPは1枚=0.6円から0.7円程度だったが、11月28日時点で1.91円と、約3倍近く、価格を戻している。

しかし、安定的な上昇トレンドに移るとはまだ言い切れない。

プラス要素として、近々大手クレジット会社アメリカ大手銀行がリップルのネットワークに参加を表明するのではないかという情報が、発信されている。

マイナス要素として、リップルはビットコインとは異なり、親会社に権利が集中する中央集権的なやり方で、日本ではMLM的な販売手法が用いられていた。そして実際の取引量が上がってこないと、、XRPの価格上昇は見込めない。

価格の面から見ると、0.6円から0.7円を彷徨っていた時期が底値の見方が強い。(一瞬奇跡の0.3円を付けた時もあったが)2017年3月には、一時5円目前まで上昇。

2014年10月、リップルの販売代理店が「リップルは今が底値だ」と声高らかに言えていた時。

当時の価格を割ることはまだ一度もなく、それから数か月でリップルは5倍以上も値を上げた。

今現在は、日本におけるリップル・XRPの販売購入を注意喚起する声明が、大元のアメリカ ripple labs社より出されている。(2015年3月22日)

以下、声明文引用:

    「弊社は、日本の一部組織が、リップル(XRP)について不正確に伝えているということを認識しています。Ripple Labsとは関係のない様々な日本企業が、市場においてXRPに関する憶測を巡らせ、仮想通貨の価値およびリスクについて、消費者を誤った方向に導いています。Ripple Labsはこのような企業を支援していません。

    今週、Ripple LabsはRipple Labsの日本語フォーラムに通知を投稿しました。その通知では、短期の利益を目的としたXRPの販売を、Ripple Labsは推奨していないということを説明しています。これらの通貨が大幅な価格変動の対象となる可能性があること、そしてそれは短期的な利益がときに発生するのと同様に、短期的な損失も発生するという意味であることに、 仮想通貨の購入を検討している方は誰でも注意すべきです。」

この声明が出されて以来、販売代理店がリップルに関して短期の利益を目的とする案内がされることはなくなった。

2014年10月、まだ販売代理店が「今が底値だ」と声高らかに言えていた時の価格に近づいている。

リップルの価格がダウントレンドを取り続け、今も下落が続いている。

「底値」を判断する事はとても難しく、買った時点で価格がまた下がったりと価格変動リスクが存在している。

個人的には、2014年10月にまだ販売代理店が「今が底値だ」と声高らかに言えていた時の価格になった時点で、またチャンスが大きいのではないかと思うが、価格変動リスクを理解し手持ち資金の一部を仮想通貨に両替する必要があると思う。

リップル(Ripple/XRP)の今後の動向について

49b0e55c75c5a24f67a7fd8351c270f2.png

ビットコインが発表されて以来、仮想通貨業界はビットコインの一人勝ち状態。そのシステムから派生したライトコイン(Litecoin)、イーサリアム(Ethereum)など、今現在も、ビットコインを中心とした開発が広がっている。

しかし、現在アメリカでは、ニューヨーク金融サービス局(NYDFS)がよる、ビットライセンス(BitLicense)、違法行為やマネー・ロンダリングに対処すべく、ビットコイン取り扱い業者を規制するためのライセンス制度が引かれ、仮想通貨に対して厳しく規制がかけられている。

そんな中でも、リップルのネットワークに加わるという既存の銀行が現れたり、世界大手のクレッジトカードと連携をするというニュースが流れたりしている。

ちなみに、リップルネットワークには、金融機関の世界TOP50行の内、15行が参加している。

ずっと、仮想通貨という新たな資金移動手段が広まることにより、既存の銀行やクレジットカード会社は不利益を被るだろうなと思っていたので、上記の現象が感覚的に理解できなかった。

リップルだけ、大きくてアンダーグラウンド的な仮想通貨という流れの中で、統計学的に違う動きをとっているように見えていた。

この観察結果は、あるキーワードを用いることにより、解決する事が出来た。

それは、「政治」。

ここからは仮説になるが、もしもリップルに、政治の力が加わっているとすれば、ビットコインという数学と情報工学を駆使したテクノロジーとそのムーブメントとは異なる動きをしている事も説明がつく。

そして、自分たちの金融サービスと対立するであろう、新たな資金移動システム仮想通貨にわざわざ参加するということも、すでに知らない所では必ず得をする、いわゆる出来レースが組まれていると仮定するならば、それも理解が出来る。

ビットコインの大きな波に隠れた形も、もしもリップルに政治的な動きがあるとするならば、それはうまい目隠しとなり、リップルにとっては好材料だろう。

さて、独自路線を貫いているリップル自体が、裏で「政治」が関わる出来レース的存在なのかどうか。

もしもそうだとしたら、先にポジションをとったものが、得をすることになる。

これは、リップルに対する研究テーマ。これからも、この仮説を検証するため、リップルの動向を注視していきたいと思う。

長期保有で、値上がりを考える選択肢としては?

現状で伸びしろがある仮想通貨の1つとして挙げられるのに、リップル(XRP)がある。リップルは、ビットコインとは異なり、仮想通貨そのものを指す単語ではない。

イメージとしては、

ビットコインは、決済に利用する通貨
リップルは、送金で使われるハブ通貨

銀行間の送金などに順次リップルが取り入れられており、今後、リップル自体が消滅してしまう可能性は低いと考えることができる。

リップルは、仕組み上、一度利用されると、消化されていく性質があるため、普及が進めば進むほど、数が少なくなるとともに、需要が出てきて、XRPの価値の上昇につながると見られている。

リップルの仕組みを簡単に説明しておくと、

・Ripple Labs Inc(リップル・ラボ)という開発・運営元があること
・借用書、預かり証をやりとりすること

の2点が大きな特徴となる。

ビットコインの場合は、運営元がなく、P2Pとブロックチェーンの技術によって支えられており、ビットコインは、やりとりの度に、全て記録されていく形となっている。

たとえば、10ビットコイン(BTC)をAさん→Bさん→Cさんに送った場合は、AさんからBさんへ10BTC、BさんからCさんへ10BTCという形で記録されていく。

リップルは、電子化した借用書(IOU= I owe you)の形でやりとりされるので、Aさん→Bさん→Cさんに送る場合でも、実際に移動するのは、AさんからCさんだけで問題ないよね。AさんからBさん、BさんからCさんは省略できるよね。という発想になり、IOUの数字だけを動かす形になっている。

そのため、短時間で低い手数料でのやりとりが可能となっている。また、取引の際に使用されるリップル内での仮想通貨であるXRPは、取引の都度、破棄される仕組みなので、2重使用の問題がなく、取引承認の時間が極めて短い。また、通貨、金、仮想通貨などどんな通貨、資産でも送ることが可能となっていることも特徴の1つと言える。

リップル(XRP)を購入するには?

Rippleの公式サイトで、XRPの購入先として紹介されているのが、大手取引所の「BitStamp」「GateHub」「Kraken」になる。

取引所でアカウントを作成し、入金した後に、購入が可能になる。

BitstampでのXRP購入方法は、下記サイトで詳しく紹介されている。

その他にも、クレジットカードで購入できる「Coincheck」など複数の取引所で取引が可能になってきている。

質問で、

「今のXRPの価格を教えてください。」

というものがあるが、価格は、各取引所で多少違いがあるので、取引所にログイン後最新価格を確認するのが確実。

価格の目安となるのは、「rippleCharts」と「CryptoCurrency Market Capitalizations

リップルを購入する際に、必ず知っておかなければいけないこと

それは、リップルを購入したあと、換金できない場合があるということ。

リップルは、どういった経路で購入されているか?というのが追うことができる。

リップルには、公式と非公式のものがある。リップルを展開する人・組織を「Gateway」と呼び、その「Gataway」がRipple Labs Incに発行する借用書を供託している場合は、公式とされている。

その他のものは全て非公式であり、借用書としての価値を持たずに、現金化できない可能性を含んでいる。

Gatewayの信用がある状態だと、売却することが可能になるが、Gatewayに信用がない場合には、取引拒否される可能性があり、また、Gatwayが破綻してしまったら、そのRippleは無価値になってしまう可能性を含んでいる。

価格と取引量を目安にGatewayを選択して、リップルを購入するのは良いけれど、出口をしっかりと見据えておく必要がある。

リップルを取り巻く議論

    ・リップルのシステム自体には、価値があるが、XRPは別物で、価格が上がるかはわからない。
    ・リップル社が、XRPを全て発行しているので、中央集権組織が存在している。
    ・銀行がリップルのシステムを導入しても、XRPは使われない。
    ・リップル社のシステムがすごいと考えるなら、XRPではなく、リップ社株式を買うべき

銀行がリップルネットワークに参加しているということは、ビットコインなどの仮想通貨が既存の銀行ネットワークを使わずに、取引できるというポイントとは相容れない。

Rippleの公式サイトで、「XPRに対する6つの迷信」が公開されている。

6つの迷信は、

    1)迷信1:
    Ripple Consensus Ledgerは中央集権型または許可制の台帳である。
    2)迷信2:
    Ripple社はXRPの総供給量を1000億以上に増やすことができる。
    3)迷信3:
    RippleがXRPの価格をコントロールしている。
    4)迷信4:
    銀行はXRPを使わない。
    5)迷信5:
    流動性提供者がXRPを使うのはリスキーである。
    6)迷信6:
    XRPの価値はRipple社の会社としての価値に反比例する。Ripple社のプロダクトが銀行に採用されることは、XRPのデジタル資産としての成功には無関係である。

この辺りの議論は、リップルと他の仮想通貨の特徴を比較・検討して、どのように考えるかは、投資スタンスを含めた自分次第になる。

ちなみに、XRPの分配状況は、2017年4月16日時点のデータで、リップル社:62,110,081,158、その他:37,884,925,434となっている。

    市場状況が許せば、当社は2021年末までにおよそ500億XRPを所有する計画です。

とされており、2021年末までに、100億以上のXRPが市場に供給される可能性がある。

XRPのロックアップを発表

この4年間の間、今後のXRPの分配に関しての非確実性についてのマーケットの懸念の声を耳にしてきました。この非確実性の根底には、Rippleがいつの日か616.8億の保有XRPを自己裁量で売ってしまうのではないかという恐れがあったと言えます。実際そのようなことがあるとすれば、Rippleにとっても悪いシナリオとなります。Rippleにとって、健全なXRPマーケットを築き、それを維持すること自体が、自己の利益につながるからです。 今日、Rippleは550億の保有XRPを2017年末までに暗号理論的に保証されたエスクローに預託することで、このような非確実性を永久に除去することを発表します。保有XRPの大部分をエスクローに預託することで、投資家は市場に放出されるXRPの最大供給量を数量的に検証することができるようになります。

リップルXRPの価格が急上昇

2016年9月15日にRipple.comのサイトに掲載されたプレスリリース「5,500万ドルを資金調達

スタンダード・チャータード、アクセンチュア、SCBデジタルベンチャー、サイアム商業銀行、SBIホールディングスなどから合計で5,5500万ドルの資金を調達。これまでの資金調達額は、合計で、9,300万ドル。

リップルの創業者・CEOである、クリス・ラーセン(Chris Larsen)氏は、

「我々のミッションは、国際間の送金を銀行にとっても、彼らの顧客にとっても、本当の意味で効率化することで、実際に情報のように簡単にお金が移動できるインターネットの価値・世界の基礎を作っている。」

と述べた。

この発表を受けて、XRPの価格は急上昇。

取引所の「Bitstamp」では、下記のように、取引と価格が大きく伸びているのが分かる。

2016-09-16-22-44-50

その後・・・9月の水準に戻っていたが、2017年3月末に大きく価格が上昇している。

xrpusd-2017-03-30-17-32-38

価格が上昇した理由としては、

・三菱UFJグループが、リップルネットワークを利用した国際送金を発表
・ビットコインの分裂問題

などが挙げられる。

https://ripple.com/insights/mufg-joins-ripples-global-payments-steering-group/

その後半値戻ししたが、4月後半にかけて大きく値上がりし、過去最高値を更新。

All Time High(ATH)と約されることがある。

1XRP=0.03USD台だったものが、0.16USDまで上昇している。

短期間でここまで価格が上昇すると予想していた人は少ないだろう。

0-15770-1639-xrpusd-2017-05-08-13-03-23

大きな値上がりの要因としては、

    銀行間の送金に仮想通貨という共通基盤を設けることで、これまでより低コストで利便性の高い新たな仕組みを探る。

     実験を始める連合体はSBIホールディングスと、SBIリップルアジアが取りまとめる「内外為替一元化コンソーシアム」。

    実験では例えば「リップル」と呼ばれる仮想通貨の一種を使って、銀行間の送金にかかる時間や利便性などについて調べる。

大きく値上がりした後に、一度調整があったものの、2017年5月26日時点では、1XRP=約0.32USD=約39円、短期間で10倍の価格になっている。

xrp-170526

他の仮想通貨/暗号通貨が下落している中で、上昇する形となっている。

XRPに関しては、今後も金融機関のRippleネットワーク参加などの情報で大きく値が値が動く可能性が高いと言える。

SBIホールディングスが本気で取り組む

SBIホールディングス株式会社が、2017年6月29日に開催した「経営近況報告会」(PDF

この中で、大きくRippleについて取り上げられている。

SBIグループ出資比率(顕在ベース)で換算すると・・・約1,930億円のXRPを保有しているとのこと。

日本国内では、仮想通貨取引所の「SBI Virtual Currencies」が、2017年夏に設立予定

さらに、国際的な取引所として、「SBI MAX」の設立も考えられており、極めて安全性が高く、外に開かれたオープンな取引所として、地域普遍性を有し、世界共通の通貨となりうる多種多様な仮想通貨のグローバルな流動性を確保ことが目的とされている。

着々と世界の銀行を巻き込みながら、日本ではSBI銀行がメインとなり、Rippleの技術が普及している段階になる。

投資家目線からすると、仮想通貨/暗号通貨の中でも、これだけ金融機関との連携があるものが少ないので、資金が流れ込みやすく、価格面へ片影される可能性が高いと考えられる。

アメリカSECによるICOのチェック

ICO=Initial Coin Offeringによって、新しいプロジェクトと仮想通貨/暗号通貨が生み出されている。

ICO=Initial Coin Offeringは、企業がプロジェクトの全貌を組み立てて、ホワイトペーパーと呼ばれるプロジェクトの設計図・目論見書を公開し、投資家から資金を募る手法になる。投資家のメリットとしては、ICOで手にするプロジェクト内で使われるとされる仮想通貨/暗号通貨の価格上昇益になる。

これは、株式市場でのIPO=Initial Public Offeringと同じ性質を持っている。

IPOでは、特定の証券取引所に自社の株式を公開し、販売することで、投資家から資金を集める形になる。投資家は、株式の価格上昇益と株主優待を期待して購入・保有することになる。

同じような性質を持っているICOとIPOだが、決定的に違う点がある。

それは、ICOは、現時点で基準が全く規定されていないことだ。

IPOの場合は、上場する証券取引所によって上場のための基準が儲けられていて、会計事務所を通じて、会社の経営状況などを精査し、上場を申請することになるため、どんな会社でもIPOが出来るというものではない。

一方で、ICOは、上場する仮想通貨/暗号通貨取引所が決定しておらず、また仮想通貨/暗号通貨取引所での上場基準がなく、言ってしまえば、誰でもホワイトペーパーを作成すれば、オファーできてしまう点だ。

ICOを実施して資金を集めた企業の中には、プロジェクトの立ち上げが当初の計画よりも大幅に遅れてしまったり、集めた資金で社員が旅行に行ってしまったり、運営が上手くいかずに頓挫してしまったケースが出ている。

こういった現状を危惧してか、アメリカの市場監査機関であるSEC(Securities and Exchange Commission)は、ICOの精査に乗り出した。

SECの結論とリップル(Ripple/XRP)のスタンス

DAOトークンは有価証券であり、「適用される証券法を遵守せずに株式を公開することによって法を破った。」と結論付けている。

これによって、現在多くのICOが実施されているイーサリアム(ETH)は、厳しい環境を迎える可能性がある。

Rippleについては、イングランド銀行やサンタンデール、スタンダードチャータードのような主要なグローバル銀行を含む多くの金融機関と提携している。

さらに、Ripple社の規制関係担当ディレクターであるRyan Zagoneは、アメリカでの支払い改善のための行動計画である”Federal Reserve’s Faster Payments Task Force”のタスクフォース運営委員会に参加している。

国境を越えた支払いの摩擦とコストを削減し、規制当局や金融機関と積極的に提携する技術の開発に注力することにより、Rippleは、市場の安定性の源泉となり、価値の交換方法を変える可能性がある。 SECの発表は、進化の重要な一歩になる。

Rippleの公式ブログの記事から抜粋

リップル(Ripple/XRP)は、他の仮想通貨/暗号通貨とは異なり、運営元が銀行や規制当局と協力する体制が整っているので、この点は大きなメリットであると言える。

公式Twitterでカウントダウンが発生

Rippleの公式Twitterで、8月24日に向けてのカウントダウンが実施された。

このカウントダウンを受けて、XRPの価格は大きく上昇。

結局発表されたのは・・・「SWELL」という2017年10月に開催されるカンファレンスの告知であった。

カンファレンスの登壇者として、ティムバーナーズ・リー(TIM BERNERS-LEE)、ベン・バーナンキ(BEN BERNANKE)が予定されている。

この発表を受けて、XRPの価格は大きく下落することとなった。

0-21590-2167-xrpusd-2017-08-26-14-20-22

リップルXRPの四半期レポート

2017年1ヶ月から、4半期ごとに「XRP Market Operations Report」を発行することが発表された。

内容については、

・XRPの四半期ごとの売上ターゲット
・XRPの売上パフォーマンスと前四半期ターゲットの比較
・前四半期のXRP価格変動へのコメント
・サードパーティのウォレット、取引所、承認者(Validator)、マーケットメーカーについてのアナウンス

に触れられる予定。

XRPエコシステムの普及活動で、どのようなことが起こっているのか知らせたい。

これから数ヶ月、XRPに関するコンテンツ・情報、XRPが世界で最も効率的なデジタル資産であるというニュースに期待してもらいたい。

とサイトでは記載されている。

真田孔明の原点がここに
生涯収入5億円倶楽部メンバーとして、これを読まねば始まらない!すべての活動の前に
必ず熟読するべき、真田孔明ノウハウのすべてが分かる30日無料メール講座

このカテゴリーの関連記事
仮想通貨のトレンドを徹底的に検証
49b0e55c75c5a24f67a7fd8351c270f2.png

リップル(Ripple/XRP)を動画とニュースまとめ

リップル(Ripple)が説明されている動画がある。 「How Ripple Works」(2分29秒) 「Ripple: R