level001

Mastercardでの決済が可能となる仮想通貨アトムコイン(ATOMCOIN)

仮想通貨ビジネスは、システムを構築すれば、だれでも開始することが可能。どれくらいの規模にするのか、またどれくらいの人に受け入れられるか、どれくらいの価値になるのか、安全面で問題ないのか?などは、システム構築側にかかってくることになる。

仮想通貨が価値を維持するために必要な要素として

・取引できる市場があるか
・信用と価値を拡大する事業性があるか
・広める人がいるか

今、仮想通貨の取引量のほとんどを占めているビットコイン(Bitcoin)でさえ、億の人に認識されるまでに5年がかかっている。

ビットコイン(Bitcoin)に注目していたのが、リバタリアン(自由主義者)、アナーキスト(無政府主義者)がメインだったため、一般的に広まる伝染力が弱かったと言うことができる。

ビットコイン(Bitcoin)が、持っていないもので、広めるために重要だと考えるものを盛り込んだ新しい仮想通貨が出てきている。

その中の1つが、アトムコイン(ATOMCOIN)と呼ばれるものだ。

アトムコイン(ATOMCOIN)の総量は、2,100億アトムコイン(ATC)と規定されていて、1アトムコイン(ATC)=1円と設定されている。

2015年から毎月0.01円ずつ上昇していき、2017年4月の段階では、1.24円になる見込み、そして、2020年頃にオープンマーケット予定となっている。つまり、年利12%で値上がりされるように設定されている。

続きを読む
level001

ビットシェアーズ(BitiShares)とイーサリアム(Ethereum)...

2008年に、ナカモトサトシという人物によって書かれた論文。P2Pの仕組みを利用して通貨の発行・取引を分散処理し、暗号化技術を併用することで、発行元となる中央組織なしに通貨を発行・管理・維持できるという内容のものだった。 […]

続きを読む

相場の荒波を乗り越える「Wシステム」単月+7万円

「生涯収入5億円倶楽部」として取組み、検証している ・「日本株式信用取引」・「Wシステム日経225先物取引」 日経平均株価が、17,000円台から14,000円台に急降下して、再び、16,000円台に急浮上するという荒れ […]

続きを読む

真田孔明の原点がここに
生涯収入5億円倶楽部メンバーとして、これを読まねば始まらない!すべての活動の前に
必ず熟読するべき、真田孔明ノウハウのすべてが分かる30日無料メール講座

level008

セブ・8ニュータウンインスペクション報告書

「生涯収入5億円倶楽部」メンバーも多くが購入しているフィリピン・セブのコンドミニアム「8ニュータウンブルーバード」(8 NEWTOWN BLVD)。 フィリピンセブで有名な五つ星リゾートホテル、シャングリラ マクタン ア […]

続きを読む
level001

仮想通貨を巡るトラブルとプレセール

国民生活センターによると、2015年から仮想通貨に関するトラブルの報告が多くなっているとのこと。 相談が上がっているケースとして、 必ず値上がりすると言われて仮想通貨を購入する契約を結び、代金を支払ったが解約で […]

続きを読む

フィリピン市場でのIPO現状

フィリピン証券取引所でのIPOで、 2014年:7社2015年:4社 が上場している。(裏口上場もあるので、全てではない。) 株式のパフォーマンスを見てみると、 ・Top Frontier Investment Hold […]

続きを読む
level001

検索と問い合わせで気になるキングダイスコイン(KingDice)

検索キーワードと問い合わせで気になったのが、「キングダイスコイン(KingDice)」になる。 ・ビットコイン(Bitcoin)2015年8月10日から30日・ライトコイン(litecoin)2015年8月15日から30 […]

続きを読む
level001

ビットコイン(Bitcoin)取引所規制と金融機関による新たな取...

2015年9月22日に、アメリカニューヨーク金融サービス局(New York State Department of Financial Services:NYDFS)が、ビットコイン(Bitcoin)関連業者のサークル […]

続きを読む

2016年始まり株式信用取引とOPの結果は・・・

2015年4月から「生涯収入5億円倶楽部」として取り組んでいる「日本株式信用取引」と「日経225オプション取引」。 年始からさまざまな動きがある中、結果はどうなったか・・・ 「日本株信用取引」は、1月度=マイナス145, […]

続きを読む
level001

様々な取引が可能となるBitshares

2014年7月に公開されたビットシェアーズ(BitiShares)は、スマートコントラクトのプラットフォームで、分散自立型組織(Distributed autonomous company:DAC) を目指し創りだされた […]

続きを読む
level001

取引を承認するためのPoWとPoSとPoB

ビットコイン(Bitcoin)など仮想通貨のシステムは、中央の組織がない代わりに、P2Pに参加している人によって、取引などが正しいかどうかの証明・確認がされることになっている。 その場合、誰が、正しいかどうかを証明する権 […]

続きを読む

Airbnbの法人形態

今、民泊で話題になっているAirbnb。 宿泊施設ではなく、一般の居住空間を第三者へ貸し出す、第三者から借りられるインターネット上の仲介サービスになります。

続きを読む
level001

有名企業が注目するイーサリアム(Ethereum)

イーサリアム(Ethereum)とは、ブロックチェーンの技術と中央管理組織のないP2P環境で、様々なシステムによるサービスを実現可能とするプラットフォーム。分散型アプリケーションやスマートコントラクトの構築が可能となる。 […]

続きを読む

マイナンバーと非居住者、そして年金受取

2016年2月22日金融庁総務企画局政策課から発表された 「金融機関における非居住者が行う国外送金手続とマイナンバーについて」 日本国内の金融機関の口座に対して、国外から送金がされたケースについて ・送金者が非居住者 […]

続きを読む
level001

カナダ造幣局が関わったデジタル貨幣ミントチップ(MintChip)

金融取引での手数料とリスクを削減するために、仮想通貨を用いて、顧客と販売店の間での「価値交換」行うシステムとして、カナダ造幣局(Royal Canadian Mint)によって、2012年から進められていたプロジェクト。 […]

続きを読む