仮想通貨「億り人」研究会 > 仮想通貨の基礎知識

テザーFUDでBTC400米ドル下落

level001

テザー米ドル(Tether USD/USDT)については、定期的にFUD(マイナスの情報)が出て、価格が下がることがあります。

*テザー米ドル(Tether USD/USDT)は、米ドルを裏付けとし、1USDT = 約1米ドル となるステーブルコイン。運営元は、運営元は、Tether Limited.。

参考記事:BitfinexのUSDトラブルとTether

2019年4月26日に、アメリカ・ニューヨーク州の司法長官が、暗号資産(仮想通貨/暗号通貨)大手取引所のBitfinex(ビットフィネックス)とテザー社を訴追したことで、ビットコイン(BTC)を始めとした暗号資産(仮想通貨/暗号通貨)の価格が大きく下落しました。

ビットコイン(BTC)は、5,470米ドル台 → 5,080米ドル台 までと、約400米ドル下落。

この報道に対して、Bitifinexの公式回答は・・・

2019-04-26-10-57-39

・Crypto Capitalでの8億5000万ドルの「損失」との主張を含む虚偽の主張
・実際には、押収され、保護されている
・ニューヨーク検事総長の事務所は、私達の顧客を害するために、私達の努力を弱体化させることを意図している
・BitfinexとTetherはどちらも財政的に強力

事の真相はどうなのでしょうか?

テザー米ドル(Tether USD/USDT)の時価総額

テザー米ドル(Tether USD/USDT)の時価総額は、2018年10月上旬を境に大きく縮小されていましたが、2019年4月上旬から急激に拡大し、同じ水準まで戻ってきています。

2019-04-26-10-09-24

ビットコイン(BTC)の価格が変動とリンクしています。

なお、定期的に出るFUDですが、結局は提起された問題が正解であることはなく、相場は元の戻っています。

つまり、テザー社関連のFUDでの下げ=買いのチャンスとなっています。

ステーブルコインを使って、裁定取引をできるチャンスでもあります。

ステーブルコイン → 下がったテザー米ドル(Tether USD/USDT)買う → 元の水準になったら売って、ステーブルコインにする。

1米ドルと1米ドルでは、手数料分がマイナスになってしまいますが、0.95米ドルと1米ドルだと、利益になります。

ただ、そのFUDが真実だった場合には、価格が暴落することになるので、資産大幅減ということにもなりかねません。

これまでのUSDT/USDのチャートを見てみると、(取引所により価格はことなるので、3つの取引所で価格が大きく変動している日をチェックしました。)テザー米ドル(Tether USD/USDT)の供給量が増大すると、FUDが出てきやすくなる。と言えます。

2019-04-26-11-10-34 2019-04-26-11-09-25 2019-04-26-11-07-42

真田孔明の原点がここに
生涯収入5億円倶楽部メンバーとして、これを読まねば始まらない!すべての活動の前に
必ず熟読するべき、真田孔明ノウハウのすべてが分かる30日無料メール講座

このカテゴリーの関連記事
仮想通貨「億り人」研究会

取引を承認するためのPoWとPoSとPoB

ビットコイン(Bitcoin)など仮想通貨のシステムは、中央の組織がない代わりに、P2Pに参加している人によって、取引などが正

仮想通貨「億り人」研究会

XRPのエクスクロー開放と再契約の数量

リップル(Ripple)のXRP価格について、多くの投資家たちが苦言を呈しています。 その理由は、価格。 2017年12月以降

仮想通貨「億り人」研究会

BTC取引量が多いのはどの時間帯?(2018年2月度)

24時間マーケットが開いているとはいえ、常に取引量が多く、価格が上下するわけではなく、市場参加者が取引をしているタイミングに取

仮想通貨「億り人」研究会

取引量20倍・フィボナッチで待ち構える

価格が急騰した場合、1つの目安が取引量20倍というのが、1つの検証結果です。 参考:モナコイン(Monacoin/MONA)の



コメントする