BTCC復活・口座開設は30分もかからない

国内・海外取引所攻略

かつて3大取引所であった、BTCCが復活し、現在口座開設ができるようになっています。

2011年に設立された取引所で、中国3大取引所としてかつて君臨していましたが、中国政府による取引所全面閉鎖によって、一時営業を停止し、拠点を移動する必要を迫られました。

OKCoinは、OKExとして、Huobiは、Huobiとして、営業を再開していますが、2018年7月に入って、ついにBTCCが営業を再開することとなりました。

2016年10月のビットコイン(BTC)の取引量
OKCoin、Huobi、BTC Chinaが3強でした。

coinhills-2016-12-06-10-25-16

2018年7月3日のビットコイン(BTC)の取引量
OKEx、bitFlyer、Binanceが3強になっています。
といっても、取引量に大きな差はありません。

2018-07-03-17-57-14


BTCCは、2018年1月下旬に、香港を拠点としているブロックチェーン投資ファンドが買収しています。

公式サイトでは、BTCCの運営元は、BTCC UK Limitedで、イギリス・ロンドンを拠点としていると記載されています。

取引できるペアは、

BTCとETH・BCH・LTCのペア
USDとBTC・ETH・BCH・LTCペア

です。

BTCCで口座を開設してみる

1)メールアドレスとパスワードを準備
2)登録メールアドレスに送られる認証番号を確認
3)口座開設が完了
4)二段階認証の設定をする
5)口座認証手続きを3段階目まで行う
6)報酬ポイントの画面を確認する
7)引き出し先銀行口座などの情報を設定する

といった流れで、30分もかからずに全ての開設手続き・認証が完了しました。

2018-07-03-17-38-33

2018-07-03-17-38-46

2018-07-03-17-39-32

2018-07-03-17-40-00

2018-07-03-17-42-04

2018-07-03-17-50-36

報酬ポイント制度が設けられていて、

・ユーザー登録:1,000ポイント
・認証3段階目:3,000ポイント
・最初の入金:3,000ポイント

という設定になっています。

2018-07-03-18-17-51

報酬ポイントは、後にBTCCトークンが発行されたら交換が可能です。

取引所発行のトークンについては、注目が高まっているので、BTCCトークンについても情報を追っておく必要があります。

それと同時に、日本居住者が、法定通貨の入出金ができる取引所には数に限りがあるので、確保しておく必要があると言えます。

ちなみに、法定通貨の入金は、米ドルに限られ、送金先は、PingAn Offshoreという銀行で、中国・深センとなっています。

2018-07-03-18-15-16

タイトルとURLをコピーしました