仮想通貨「億り人」研究会 > 注目のアルトコイン

4月+98.5%ヘッジファンドポートフォリオ

level001
paper-3249919_1280

2017年度に、1万%超えの驚異のパフォーマンスを見せたAltMoneyFund

2018年4月までのパフォーマンスはどうなっているか?

・January:マイナス7.64%
・February:マイナス24.41%
・March:マイナス44.26%
・April:プラス98.54%
→ 合計:マイナス22.74%

50%以上の調整をくらった後、4月に入ってから大きく戻しています。

AltMoneyFundは、大手取引所Poloniex上場銘柄を中心に、買いベースで、レバレッジなしの取引になっているため、下落局面では、評価額は減少してしまうことになります。

以前は、ポートフォリオを随時公開していませんでしたが、最近は、Twitterでポートフォリオの組み換えを随時公開しています。

そこで、2018年2月22日と5月6日のポートフォリオを比較してみます。

動きがあったのは・・・

    OmiseGo(OMG):半減(7.64% → 3.99%)
    0x(ZRX):増(6.07% → 10.95%)
    Ardor(ARDR):大幅増(5.51% → 14.8%)
    DigiByte(DGB):倍増(3.75% → 8.7%)
    Zcash(ZEC):増(1.84% → 3.43%)
    Dash(DASH):増(ほぼ0% → 1.38%)
    Monero(XMR):増(ほぼ0% → 3.64%)
    Bytecoin(BCN):増(ほぼ0% → 0.83%)

    新しく
    Bitcoin Cash(BCH):1.63%

・以前は1銘柄で10%超えがなかったのに、2つある
・匿名系のアルトコインの保有割合が増えた
・Bitcoin Cash(BCH)が加わった

というところがポイントになります。

Bytecoin(BCN)、Golem(GNT)、0x(ZRX)、DigiByte(DGB)、BitShares(BTS)、Bitcoin Cash(BCH)は、4月からの上昇率が高いアルトコインなので、それが元々のポートフォリオに含まえているのは「さすが!」と言えます。

Twitterで次から次へとインフルエンサーが煽っている銘柄に注目するのも良いですが、このAltMoneyFundのポートフォリオはかなり参考になるので、チェックしておくことをおすすめします。

真田孔明の原点がここに
生涯収入5億円倶楽部メンバーとして、これを読まねば始まらない!すべての活動の前に
必ず熟読するべき、真田孔明ノウハウのすべてが分かる30日無料メール講座

このカテゴリーの関連記事
仮想通貨「億り人」研究会
blockchain-3357567_1280

QuarkChain(QKC)のKYC登録完了

ICOは、プロジェクトの概要と関係者を確認して、自分なりの選定基準を持って投資していく必要があります。 しかし、海外のプロジェ

仮想通貨「億り人」研究会
blockchain-3383063_1280-copy

Liquidity NetworkのKYC登録完了

Liquidity Networkは、ブロックチェーンのサービスです。 オフチェーンの支払いエコシステムで、Lightning

仮想通貨「億り人」研究会
roller-coaster-2461737_1280

BTC価格とマーケットサイクル

「PSYCHOLOGY OF AMARKET CYCLE」 マーケットの心理サイクルをシンプルに表現しているグラフになります。

仮想通貨「億り人」研究会
g-crescoli-365895

仮想通貨プラットフォームとトークン一覧

アルトコインの中で、トークンと呼ばれるものがあります。 これは、プラットフォームの上で稼働するプロジェクトによって発行されてい



コメントする