中国のスタンスで仮想通貨の価格が40%以上変動

仮想通貨の最新トレンド

ビットコイン(BTC)のマイナーの多くが中国関連であり、依然として中国の影響力が大きいです。

BITCOIN MINING NETWORK UPDATE:December 2019

We currently estimate that 65% of global mining happens in China.
Next, we estimate that 70% of newly deployed hashrate since our last report has gone to China and 30% to the remaining non-Chinese mining regions.

65%が中国でのマイニングであるとレポートしています。

中国でのマイニング割合が高い理由は、

・中国関連企業がマイニング機器を作っている
・中国は他の国、地域に比べて電気代が安い

といったことが挙げられます。
そのため、中国の国家としての暗号資産(仮想通貨/暗号通貨)への姿勢は、ダイレクトに価格へ影響を及ぼします。

最近でインパクトがあったのは、2020年1月1日施行の「暗号法」です。

全国人民代表大会期間中の2019年10月26日に突如、暗号ビジネスの発展などを目的とした「暗号法」を可決。

これを受けて、ビットコイン価格は1BTC=10,500米ドル台を記録。25日の安値からは、40%以上も急騰しました。

中国企業が開発しているアルトコインもその後軒並み高騰し、一時お祭り騒ぎとなりました。

11月には、ビットコイン(BTC)等のマイニングを禁止しないことが明らかになっています。

元々中国は、暗号資産(仮想通貨/暗号通貨)へ厳しい姿勢を取っており、2017年9月には、

・中国人民銀行がICOの全面禁止を発表
・金融当局が暗号資産取引所の閉鎖を決定

したことで、ビットコイン(BTC)の価格は、40%以上暴落しました。

現在の中国関連ニュース

では現在、どういったニュースが出ているのか?

「暗号法」施行前で明るいニュースばかりなのか?というとそうではありません。

12月に入ってから、

・四川省全域でで節電政策のためマイニング停止の検討
・北京の金融当局が中国全土へ仮想通貨取引の取締強化を要求

といったニュースが出ています。

中国のスタンスとしては、ブロックチェーン強国なることで、その1つとして、人民元のデジタル通貨発行があるため、決して、暗号資産(仮想通貨/暗号通貨)フレンドリーというわけではありません。

暗号資産(仮想通貨/暗号通貨)を自由に取引できると、

人民元 → ビットコイン(BTC)→海外の取引所

といった流れで、国内資本が流出してしまうので、それを防いでいるのです。

中国の暗号資産(仮想通貨/暗号通貨)への姿勢は、日頃からチェックしておきましょう。

突然の決定の際にはどうしようもありませんが、それらしい兆候のニュースが出た時には注意が必要です。

なお、冒頭のレポートで、ビットコイン(BTC)の採掘原価については・・・

Among our findings is an estimate that the current market-average, all-in marginal cost of creation, at ¢4/KWh, 15% non-electricity OPEX and 30-month depreciation schedules, is approximately $6,300

およそ6.300米ドルとされています。

タイトルとURLをコピーしました