仮想通貨「億り人」研究会

2021年株価の傾向と100万円で億を狙うために必要な期間

2021年株価の傾向は、アメリカ10年国債の金利上昇・景気先行指標の銅価格下落・大統領選挙翌年の2月の下げ等で直近は暗い見通しのようです。ただ民主党が大統領・上下両院を支配している時の株価は好調であると歴史が物語っています。なお100万円で億を狙うために必要な期間が最低でも10年です。(仮想通貨を除く)
「禁断のオンラインサロン」会員コンテンツ

3ヶ月で理想の彼女「設計図」詳細(動画)

今回の真田孔明の「禁断のオンラインサロン」動画・音声では、「再現性」が確認されている理想の彼女「設計図」詳細と現実から逃げて「遊び」倒す毎日の「秘密」
2021.02.01
「禁断のオンラインサロン」会員コンテンツ

50代N川が突然「モテモテ」に(動画)

今回の真田孔明の「禁断のオンラインサロン」動画・音声では、N川さんが短期間でスター化しモテ出した方法と「考え方」を今すぐ変えるべき理由
2021.02.01
仮想通貨「億り人」研究会

アルトコイン二極化に向けて選定する「基準」

SECの動向が暗号資産(仮想通貨/暗号通貨)に与える影響がとても大きいことがRipple(XRP)のケースで明らかになりました。アメリカで「証券」に該当するプロジェクトかそうでないかは、アルトコインが二極化される「基準」となります。そこで今回は自分で今すぐ確認できる4つの「基準」について紹介していきます。
2021.01.04
「禁断のオンラインサロン」会員コンテンツ

2020年12月度「禁サロ」メンバー限定コンテンツ

2020年12月度「禁サロ」メンバー限定コンテンツです。バックナンバーとしてご購入いただけます。
仮想通貨「億り人」研究会

トルコがCBDC導入にむけて2021年後半からパイロットテスト開始

トルコが2021年後半からCBDC(デジタルリラ)のパイロットテストを開始すると発表しました。ブロックチェーン等の暗号資産(仮想通貨/暗号通貨)の技術が使われるケースが多いため、外部委託がどの企業や技術を指すのか?研究・調査が必要となります。
仮想通貨「億り人」研究会

資金調達方法として注目されているSTO(Security Token Offering)

資金調達方法として注目されているSTO(Security Token Offering)ブロックチェーンを利用することで従来の資金調達方法よりもより透明性が高く・低コストで、世界をターゲットにできます。日本ではSTOの取り扱いについて「暗号資産(仮想通貨)に関する制度整備について(令和元年資金決済法等改正に係る政令・内閣府令等の改正)」にて明文化されています。
仮想通貨「億り人」研究会

BTCの現状を各数字を確認+12月価格レンジは?

ビットコイン(BTC)が過去最高値(ATH)を更新しました。取引所での取引高や使用されるユニークアドレスのグラフを見ると、2017年末のバブルとは少し異なっていることが見えてきました。
「禁断のオンラインサロン」会員コンテンツ

2020年11月度「禁サロ」メンバー限定コンテンツ

2020年11月度「禁サロ」メンバー限定コンテンツです。バックンナンバーとしてご購入いただけます。
仮想通貨「億り人」研究会

中央銀行バランスシート拡大で法定通貨価値が減少中

各国中央銀行のバランスシートが拡大を続けています。バランスシートから、金融政策の状況や法定通貨の市中への流通状況が読み取れます。現在は各国拡大しているため、法定通貨の希少価値が薄まる、資産の価値が上昇する→結果として価格が上昇する傾向にあり、現金を握りしめていると価値が減少していく可能性があります。
タイトルとURLをコピーしました